プロポとは

<スポンサードリンク>

ラジコンマニアが使う無線コントロ−ラの名前、それが「プロポ」です。“プロポ−ショナル・システム:比例制御”の略称です。簡単に言えば、”比例して動く無線操縦装置”とでもいいましょうか。トイ・ラジコン(オモチャ)のコントロ−ラーなどは、スイッチを入れると急に一定速度で動くのが多いんですが、これは比例して動いてません。ONにしたら突然動いてしまいます。

本格ラジコンプロポの場合、少し動かせば少し動き、ゆっくり動かせばゆっくり動きます。つまり、無線電波によって、離れた場所でも自分の指と全く同じ動きをする、そういう装置なんですね。これを通称、“プロポ”と呼びます。何故こう呼ぶのかというと、30年くらい前までは、ラジコン模型もまだまだ原始的で、スイッチをONにすると「ビー」って一方向に一定速度でイキナリ動く装置だけだったんです。

ところが、技術の発達により、画期的な“プロポ”方式が開発されたため、旧式との区別をする意味で”この“プロポ”という呼び名が使われる様になった訳なんです。それが現代で一般的になって、こう呼ばれ続けている、ということなのです。最近の急激な電子技術の発達により、昔とは比較にもならないくらいに信頼性が向上し、昔の様にコントロ−ル不能になるとか、動かないなんてトラブルも皆無になっています。

また、ホビ−としてのラジコン専用の周波数も設けられていて、安全に確実に楽しめるようになりました。また、最近のプロポは、値段が驚くほど安くなりました。(もちろん、競技用の高いものもありますが)昔は高くてできなかった“ラジコン”も、比較的手軽な趣味になりました。でも、安いからっていっても、性能は折り紙付きです。日本のエレクトロニクス技術は偉大だと思います。


posted by ラジコンマン at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコンの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。